スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

抜けました

20090808173636
20090808173633
長年抜けなかったシートポールが見事に抜けましたこれで荒れて無いときはデッキ広々で~すBSOオオカワさんありがとうございます。凄いテクニック考えだしましたね。ポール抜いてエレキのフットペダルが邪魔になったりして・・。
スポンサーサイト

NEWボート

20090724071412
琵琶湖の重鎮プロ、下野プロがボートを乗り換えたそーです。新しいボートはRangerZ522+ベラード300とのこと。色は勿論、ブラック+コパーでしょうか・・。ぴろしくん、ガイドが楽しみですね。どんなパフォーマンスを発揮するのでしょうか?僕も下野さんのガイドで体感してみたいです

『フォーセット』ブログ

リンク追加いたしました

パワーポール

20090616065805
フリーダムメンバーの兄@井上さんがつけましたシャローの釣りが超快適だそうです。無駄にエレキを踏まないから、バスに気付かれずに・・。早く試乗してみたいな~。自分的にはサイドイメージよりこっちかも~

ライブウェルのバルブ

20090612074622
1993年製の我が愛艇。Ranger482vs、ファーストモデル。スクェアなスタイルが多かった当時のバスボートの中で、バスボートのオピニオンリーダー的存在のRanger社が、流麗なニュースタイルをコンセプトに発表したモデルであった。既に16年余りを経過したスタイルであるが。そのコンセプトのDNAは現行のZシリーズにも確実に引き継がれている。もちろん、他のバスボートメーカーのベンチマーク艇とされていた事も、容易に想像できる・・・。さて、外観はまだしも、16年を経過したボートの内蔵(特に水周りのハードウェア)は外置きという事もあるが、経過劣化が著しい。(泣)特にポンプ系、バルブ系の類い。ビルジポンプは命取りになりかねないから、まあまあの頻度で交換していたが、後回しにしていたライブウェルのバルブが瀕死の状態で、二年位前にPOPEYE51でゴムの弁の交換パーツ(1.5cm四方のゴム製)を購入してリペアを試みたが、また最近、弁が緩み、ライブウェルに張った水が走行中に抜けてしまう(釣ったバスちゃんが、ヒタヒタ状態(笑))為、侍フィッシューマンIさんにならい、Flow-rite社のサイトから個人輸入を試みるが、イマイチ使い勝手の良くないショッピングサイトの為、購入までに至っていない。週末再チャレンジしてみますか・・(((^^;)
プロフィール

freedombass

Author:freedombass
FREEDOMブログへようこそ!

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

月別アーカイブ
カウンター
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。